「薄毛」カテゴリーアーカイブ

ニゾラール入りのシャンプーが良かったです

抜け毛がひどく、薄毛の進行が加速したのに危機感を覚えて皮膚科に行きました。AGA治療で有名な病院ではなく、普通の皮膚科でしたが、薄毛の原因を熱心に調べてくれ、真菌が原因かもしれないとの事でした。

 

真菌を抑えられるローションを頭皮につけるように言われたのですが、髪の毛が長いとつけにくく、シャンプーに混ぜて使う使い方も教えてもらいました。

 

しばらく処方されたニゾラールローションをシャンプーに混ぜてつかっていたのですが、少々面倒くさく、ローションの量も少ないのでお金もかかります。そんな時にネットを見ていて知ったニゾラール入りの海外のシャンプーがあるのを知り、個人輸入をして使ってみる事にしました。

 

このシャンプーがとてもよく、ニゾラールの成分が頭全体に行き渡っているのか、抜け毛などが明らかに減りました。病院で診察を受けても先生が驚くくらいだったので、個人輸入で購入したシャンプーが私の症状にはとても効いたようです。薄毛の進行も止まり、髪が増えたようになっています。

薄げにケイ素が髪の毛を育ててくれる?

髪の毛の復活に植毛という手も一つの方法としてはありますが、実際に手軽にできるほど費用も安くはありません。髪の毛の悩みについては思春期を過ぎた辺りから剃り込みが見られ、このままだとAGAのような薄毛になるねと言われることが多かったんです。
結果的にはそうなってしまったのですが、できることといえば効果があるのかないのか分からない育毛ケアばかりやってきました。もちろん何の変化も見られませんでした。諦めつつもお酢が髪の毛を育てるのにいいと聞き今も尚続けてはおりますが、まあ気休めのようなところで諦めながらも毎晩飲むようにしてたんです。
そんなときケイ素という言葉を耳にして何でも人の身体にとって必要不可欠なものらしく、爪や皮膚、老化や肌荒れ、髪の毛さえも生成させるために重要なことでした。半信半疑のまま情報収集をしてると寝つきが良くなったり体調悪化が信じられないくらい改善したり、そして気になる髪の毛の情報は艶がで生え揃ったとのことです。まさかとは思いながらも試しにこのケイ素というのを試してみようかと思っています。

AGA専門のクリニックに受診してみました!

先日AGA専門のクリニックに行ってきました。30代後半あたりから、徐々に生え際が後退してきました。
若い時は「薄毛になったらスキンヘッドにすればいいかな!」と思っていましたが、AGAが進行すると、周囲の目も気になりはじめて、いつの間にか薄毛がコンプレックスになっていました。
そこで、家から近い宇都宮のAGAクリニックで治療することに決めました。最初に驚いたことは、医師ではなくカウンセラーが薄毛の悩みなどを聞いてくれました。
カウンセラーに薄毛の悩みを相談できただけで、だいぶ心が落ち着きました。薄毛はAGAという病気で、お薬を服用することで改善すると説明を受けました。
また、いろいろなAGA治療プランも充実していて、人気の理由が分かりました。薄毛の悩みを自分で抱え込まず、専門のAGAクリニックのカウンセリングを受けることをおすすめします。
これから時間をかけて、薄毛の治療を行いたいとおもいます。薄毛治療も時間をかけて安全に行うことが重要だと思います。

PR|AGA専門のクリニックに行ってきました

もし抜け毛が多くなったら円形ハゲを疑え!

過度のストレスが原因で円形脱毛症になりました。
息子が幼稚園に通い始めた頃、慣れないお弁当作りや、お着替えや幼稚園の準備など、毎日きちんと送り出さなければならないプレッシャーに押し潰されそうでした。
幼稚園が始まって1ヶ月くらいたった頃、こめかみの横辺りが500円玉強くらいの大きさではげていることに気がつきました。
何とも言えない感情が溢れだしました。
何で私はこんなにストレスを抱えているんだろうと…
恥ずかしくて美容院にも行けませんでした。

どうしたら早く治るのか、いろいろとインターネットの情報を頼りにしました。
一番多く書かれていたのはやはり病院に行くことでした。
でも私は円形ハゲで病院に行くなんて…と恥ずかしくて病院には行きませんでした。
とにかくストレスをなくそうと思い、まずは原因を探りました。
円形ハゲが出来るのは、だいたい1か月前にあった出来事が強く現れると書いてありました。
思い返すと、息子の幼稚園が始まった時期。
朝のお弁当作りは確かにすごくプレッシャーでした。
ストレスの原因がわかったので、次はそのストレスを取り除こうと考えました。
さすがに幼稚園を病めるわけにはいかないので、朝のお弁当も送り出しも、もしバスに間に合わなければ車で送っていけばいいだけの話。
バスにきちんと乗せないと死ぬわけではないんだから、もっと気楽に行こう!と自分の考えを変えました。
特に薬には頼らなかったです。

円形ハゲはストレスが原因がほとんどです。
まずはストレスの原因究明が第一です。
原因が分かったらそのストレスを取り除く努力をする必要があります。
ツラい時期にストレスを取り除く努力というと大変苦しくツラいものに感じますが、今を少しでも楽に生きる道を探すと思えば、少し気が楽になるのではないでしょうか?
まずはゆっくり美味しいお茶を飲んで、美味しいご飯を食べてゆっくり寝る。
お友達と語り合うのもストレス発散にいいと思います。
ゆっくり深呼吸が出来るようになったら、自分のストレス原と向き合ってみましょう。
ストレスが解消されればきちんと髪の毛は生えてきます。

薄毛、抜け毛が気になり出したらAGA専門クリニックへ

私は元々髪の毛は多く、またどちらかと言うとしっかりとした太目の剛毛でした。
しかし、大学時代に髪の乱れが気になり出し、毎朝ヘアスプレーで髪の毛をバリバリに固めてから出掛けるのが日課になっていました。
恐らくそれが頭皮に良くなかったのか、或いは毛根を痛めてしまったのでしょう。
大学の2年になる頃には髪の毛が何となく細くなり、全体的に薄くなり出しました。元々ヘアスプレーは自分に対する周りの目、特に女性達の目が気になって始めたのですが、それが原因で薄くなり出し、大変気になり悩みました。

若い男性にとって髪の毛が薄くなるということは大変な心配ごとです。当時私もそうでした。
そこで先ず私が最初に取った行動は、皮膚科に行って先生に診てもらうことでした。
その時の診断は脂漏性湿疹ということで「フロージン」という緑色の薬が処方されました。
皮膚科には暫く通いましたが、特に改善する気配はなく、脱毛は進み止まりませんでした。その後は、頭皮をブラシで叩く「紫電改」や、昔からある「加美乃素」、名前は忘れましたが「みかんの皮の成分が入っている育毛剤」、そして「リアップ」も試してみましたが、残念ながらどれも効果はありませんでした。

私の経験から言えることは、頭にはやたら色々なものを塗ったりしないことです。特にヘアスプレーは良くありません。頭皮の皮膚呼吸を著しく妨げてしまい、毛根を弱らせてしまうのでしょう。
常に頭皮を清潔に保つことと、過度の洗髪を避けることです。そして、もし薄毛が気になり出したら、躊躇せずに、ただの皮膚科ではなくAGA専門のクリニックに行くことをお勧めします。

髪の毛を労わるためにしている私の習慣

私も加齢と共に現れた薄毛に、ここ数年悩んでいます。その悩みゆえにブラシでのブラッシンングを止めてしまいました。毎朝、髪の毛を獣毛のブラシで梳かすのが習慣でした。

さらに夜寝る前には頭皮をブラッシンングしてから、就寝をしていました。しかし、薄毛になってから、どちらもしない方がいいのかなと考え、ぱたりと止めてしまったのです。でも、これは大きな間違いだったようです。

ブラシで梳かしたりしないことにより、髪の毛が絡まり、余計に抜けるようになってしまったのです。さらには頭皮のブラッシングも止めてしまったため、頭皮がべたつくようになってしまいました。ここが意外な落とし穴なのですが、薄毛になってしまってもブラシで梳かしたり、頭皮でブラッシングは止めてはいけません。むしろ、やった方がいいのです。

髪の毛が絡まると、洗髪の時にはいつもの倍以上抜けてしまうこともあるし、頭皮のブラッシングは血行を良くしてくれます。だから、私は朝晩の習慣を再開させました。

やはりブラシで梳かしたり、頭皮をブラッシンングすることにより、髪の毛が健やかになるし、頭皮も清潔になりました。加齢と共に女性でも抜け毛が増えて薄毛になるのは仕方ないことです。それをあまり気にし過ぎることなく、髪の毛を労わることが大切なのだと思います。

薄毛や抜け毛は食生活に気をつけて身体の内側から改善を!

仕事で忙しくゆっくり睡眠が取れない上にストレスが大変溜まっていたときに、髪の毛がどんどん抜けていき、気づいたら頭頂部が薄くなってしまいました。

また、その薄毛になってしまったことがショックで、さらにストレスが溜まってしまい、薄毛を隠そうと必死に髪を触ったり、クルクルドライヤーで強引に巻いたり、帽子を被ったりと髪をいじり過ぎて、私の抜け毛は悪化していく一方でした。

まず、高い育毛剤を購入して朝昼晩と試してみました。しかし、思った様な効果は出す、反対に頭皮に刺激を与えてしまった様で頭皮がかぶれてしまい赤く痒くなり益々抜け毛で悩むこととなってしまいました。

そのため皮膚科に行き診察してもらうことにしましたが、結局薄毛や抜け毛に対する薬は処方されず、生活習慣を変えることやシャンプーの使用を辞めて石鹸を使用するようにとアドバイスを受けました。

仕事柄生活習慣は変えられないためにシャンプーを石鹸に変えることのみ実施しましたが、髪の毛がつっぱってしまい頭皮も乾いた感じがしていまいち良い効果は感じられなかったです。しかし、食生活だけなら改善出来ると思い、毎日なるべくたくさんビタミンを取るようにしたら、一気に頭皮の状態は改善していき、抜け毛も落ち着いてきて効果は有りました。

私は抜け毛や薄毛で悩んでいるとき、人の視線も気になるし、美容院に行くのも怖いし、髪を洗うのも気を遣うし、人に会いたくないしで、常に自分の頭の中をそれによって深く悩ませ、辛い思いをしてきました。

抜け毛や薄毛になると、そのことで頭の中は支配されて、行動も制限されてしまい、本当に苦しいと思います。だからこそ、食べるものだけは悩みに耐えている自分へのご褒美として身体に良いものを食べて身体の代謝を上げるようにしました。すると身体がそれに応えて頑張ってくれました。一緒に内側から健康になり強い健康な毛が生えるように頑張りましょう!

20代からできる薄毛対策

私は20代の頃から薄毛で悩んできました。大学生のとき突然髪の毛が少なく、細くなっていきました。しかし30代になった現在でもハゲることなく生活を送れています。これはしっかりと薄毛対策を行ったからです。具体的にはまずはシャンプーを変えました。ノンシリコンシャンプーは髪の毛へのダメージを減らすことができ、しっかりとケアをしてくれるのでとても効果的でした。また朝シャンプーをすることをやめました。もともとシャンプーを毎日使うこともいいことではありません。それなのに朝と夜2回もシャンプーを使うと余分な脂を落としてしまったり、シャンプーが頭皮に残ってしまったりと悪影響がでてしまいます。そこためお湯で髪の毛を洗うことにしました。そして食生活を改善しました。脂っこいお肉ばかりを食べていましたが野菜や果物を中心の生活にした結果髪の毛に必要な栄養を与えることができ、大きな効果を得ることができました。また睡眠も必ず10時〜2時のゴールデンタイムにするようにしました。このような対策をした結果薄毛は改善できました。

PR|http://www.kato-aga-clinic.com/|

薄毛でも魅力的な男性って沢山いますよね

私は男性を好きになる時に薄毛はあまり気になりません。薄毛でもAGAでも明るくて素敵な笑顔の人、仕事ができる人、身長が高い人など様々ですよね。女性が全て薄毛の男性が嫌いというわけではないので、薄毛男性には必要以上に薄毛だからと気にしないで欲しいなぁと思います。

 

薄毛って本人のせいではないですよね。例えば太っている男性の方が私は苦手です。自己管理ができていない、不健康そうだと思ってしまいます。ダイエットをすればいいのにって思います。薄毛の男性はきっと女性はみんな自分の頭を見ていると感じているかもしれませんが、意外に女性は見てないと思いますよ。

 

私の友達で薄毛男性と付き合っていたり、結婚している人がたくさんいます。薄毛のことを気にして生活をするよりも、他の自分の自慢できるところに目を向けてほしいなぁと思います。

 

薄毛でオドオドしている男性がいたら私が苦手ですが、薄毛で明るく声をかけられたら楽しく会話することができますし、好きになってしまうかもしれません。

ありのままをさらけ出すのが1番かっこいい

私の両親は、私が小学生の頃に離婚をして、父とはそれから別れて暮らしています。そのため、50代の今でも独身を謳歌していて、ファッションや美容に気を遣い、女性からもモテるかっこいい父です。

 

ただ、娘の目から見て1つ残念なのが、父の髪型です。父は若い頃からおでこが広く、30代で薄くなっていました。それを気にするかのように、髪は肩くらいの茶髪ロン毛のパーマにしていました。そしてトップが気になるのか、ニット帽やハットをかぶっていました。

 

顔もスタイルもいい父でしたが、髪型だけが、どこの落ち武者?と思うような悲惨な髪型でした。カラーやパーマをしているので、さらに薄毛に拍車をかけているような気がしてなりませんでした。いつも「髪も暗くして、短くしてたほうがかっこいいよ」と言っていましたが、聞く耳持たず。

 

そんな父に新しい彼女ができて、その彼女さんが爽やかな男性が好みだったそうで、ファッションがガラリと変わりました。

 

髪は短く、さっぱりと黒髪になりました。確かに、薄くなっていない男性よりはおでこが広いなという感じですが、茶髪にして前髪を垂らしているときよりもとても清潔感があってかっこよくなりました。

 

極端な話ですが、「バーコード頭」といわれる髪型があるように、薄くても気にしないのが1番だと思います。変に隠そうとしたり、ごまかそうとするよりも、堂々としていた方が、女性としては潔いと思うし、堂々としていた方が、薄毛に注目しないと思うのです。隠そうとする方が「この人、気にしているんだな」と意識がいってしまいます。どうしても嫌なら最新のAGA治療クリニックに行きましょう。

 

父も、育毛剤を若い頃からしていたり、クシで頭を叩いたり、いろいろしていましたが、開き直ることが一番かっこいいと思います。薄毛に悩んでいる方からしたら、それができるならとっくにしている!と思うかもしれませんが、女性は男性が思うほど薄毛を気にしていません。

 

薄毛を気にするよりも、「薄毛を気にしている男性を気にする」のが正しいです。女性からよく思われたいのであれば、薄毛であることを恥ずかしいと思わず、自分のトレードマークにしてしまえる心のゆとりが大事です。そちらの方がよっぽどかっこいいです。ですので、薄毛で気にされている男性の方、もったいないので今すぐその悩みを捨てて、髪を短く切り、サッパリ自然体でいてくださいね。