月別アーカイブ: 2018年6月

AGA治療薬によって起こった副作用と現在

私は、様々な育毛法を試してきましたが、本腰を入れてAGA対策を始めたのは30代中盤に入ってからです。
最初は、AGA治療薬(当時はプロペシアのジェネリック)の服用から開始しました。
それにはまず、副作用のリスクを覚悟する必要がありました。
フィナステリド製剤を服用することにより危惧される副作用・・・。
ネットで流れる情報に翻弄されつつも、私は一日一錠(1mg)の服用を続けました。
当初予期していたことは、「初期脱毛」という初期症状。
全ての人に起こるわけではありませんが、私は初期脱毛に見舞われた一人です。
それまでも、頭髪の抜けが目に見えて多かった時期もあったのですが、それが再発したかと思えるほどの脱毛ぶりでした。
シャンプーの泡に混じっている髪の毛が、どう見ても通常より本数が多いように感じられ、落ち込んだことをよく覚えております。
服用1週間~1ヵ月半ほどの間それは続いたので、私はその間ビクビクしながら過ごしました。
また、起こった副作用はそれだけではありませんでした。
初期脱毛より早いか、性欲の減退を感じ、(パートナーはいないのですが)10日以上性欲処理を行わないことなど当たり前の状態になりました。
それは、半年以上の期間続きました(その後、正常に戻りました)。
そんなことを体験しつつ、プロペシアのジェネリックを1年間ほど服用。
厚生労働省にデュタステリド製剤(アボルブやザガーロ)が認可されると、それに切り替え、現在まで服用を続けてきております。
今では、抜け毛は30代中盤の頃よりも減り、幾分か頭髪のボリュームを取り戻せたように感じております。
他の薬剤やサプリも併用しておりますが、AGA対策の核になるのがAGA治療薬だと言えるでしょう。

薄毛・かつら・全然アリです!

私の祖父はつるっぱげ、伯父はてっぺんはげ、父は前髪の際からキテるタイプです。

AGAで毛髪が薄いことは、決して恥ずかしいことではありません。
なぜなら、男性も女性も、歳と共に毛髪は薄くなるものだからです。

毛髪の悩みは男性が多いかもしれませんが、女性だって髪の毛一本一本が細くなり、薄くなり、ボリュームがなくなっていくものなのです。
私は現在30歳の女性ですが、若い頃に比べたらボリュームが少なくなりました。

毛髪に悩みを抱える男性は女性にどう見られているのか、気になると思いますが、私のようにある程度年齢を重ねた女性は、正直何とも思いません。

だって、歳を取るってそういうものだからです。

それに、女性も歳を取れば外見よりも内面で男性を見るようになります。(本当ですよ)
もし、毛髪のせいで女性と上手くコミュニケーションが取れなかったり、気にしすぎて悩んでいる方がいたら、これだけは言いたいです。

うまくいかないのは、毛髪のせいではなく、気にしすぎて自信がないことが問題なのだと。

髪が無くなっていくことは、人間としての欠陥ではありません。
「物は高い所から低い所へ落ちる」「人は必ず死ぬ」というくらい自然で当たり前なことなのです。

もし、それでも気になって仕方がないよ!という方が居たら、仕事でめちゃくちゃ結果を残してみたり、人一倍誰かを楽しませようとしてみたり……誰かの為に何かをしてみてください。

そんな素敵な人、誰も髪の毛のことなんて気にしないと思います。
むしろそれがチャームポイントにすらなるかもしれません。

薄毛、かつら、全部、何の問題も無いですよ。

薄毛でも堂々としていた方がいい

薄毛が気になると帽子で隠したくなることがあると思います。本人は隠しているつもりでしょう。しかし、宇都宮にある発毛クリニックで働く私からみると不自然に感じることがあります。
隠すということは、薄毛を気にしているということです。気にしている人はおどおどとした印象があります。隠そうとすればするほど不自然な印象になってしまうのです。

 

薄毛は気になると思います。しかし、堂々としていた方が不自然ではありません。
また、帽子で隠していると頭皮には影響を与える可能性があります。
帽子を長時間被っていると頭皮が蒸れてしまいます。高温多湿を好む雑菌にとって住みやすい環境となり、頭皮の雑菌が繁殖をして頭皮にダメージを与えます。
薄毛を改善するためには、頭皮環境を整えることが大切です。頭皮がダメージを受ければ髪の成長に影響を与えてしまいます。

 

どうしても薄毛が気になるようなら、専門クリニックに相談することがおすすめです。人それぞれにあったアドバイスや治療を受けられます。

かつらや薄毛を気にしすぎることは逆効果。

かつらを着用している、薄毛であることを気にして大宮のクリニックでAGA治療薬を処方してもらっている男性は女性から自分がどのように見られているのかはとても気になることだと思いますが自分からかつらの着用や薄毛をカミングアウトしたり逆切れしたり薄毛やかつらであることをひねくれることは女性から見るととても小さな人間に見えてしまうので絶対にやめましょう。なぜなら女性も薄毛である、逆に剛毛過ぎて髪の毛が扱い辛かったりかつらを利用されている方も多くいます。薄毛であることは男性特有の症状ではなく女性でも悩んでいる方は多くてまして男性以上に気にしていても女性は自分のかつらをカミングアウトすることなどできないので髪の毛の問題だけではないですが人間は誰しも必ず自分にコンプレックスを持っているものです。

 

薄毛は自分を卑下したり面白おかしくいじっても何も変わらず女性から見ると返答にも言動にも困ってしまうだけになります。薄毛やかつらであることを自慢しろとは思いませんがそれを気にしすぎる、自分の話は薄毛やかつらであることだけではないはずなので話していて楽しい話を考えたり前向きで明るい話をする男性のほうが女性は絶対に好感を持つので気にしすぎは逆効果です。

薄毛の場合短髪の方が好ましい

薄毛の方の中に、髪の毛を長くしてらっしゃる方って結構いるように感じます。実際、私の周りにもそういう方は結構いるんですよね。というか、弟がまさにその典型です。彼曰く、長い方が薄毛をごまかしやすい、とのことですが・・。彼はAGA薄毛の治療にさいたまの専門クリニックに通い始めました。私はそんな風には思わないんですよね。むしろ薄毛をよりいっそう強調しているようにしか思えません。ほら、髪の毛が長いと、ちょっとしたこと、例えば風が吹いたり、衣類を脱いだりしたときに、すぐに髪の毛が動くでしょ。

 

その際、どうしても地肌が露出してしまいます。なので、個人的にはむしろ短髪にした方がいいと思ってるんですよね。そうすることで髪の毛の動きを抑えることができます。また、側頭部や襟足部を短く刈り上げれば、薄い部分とのギャップが軽減し、全体的に薄毛としての印象も薄まります。それよりなにより、短髪の方が、清潔感がありますし、爽やかじゃありませんか。まあ、言うは易く行うは難し。いざ短くするとなると相当勇気がいると思いますが、騙されたと思ってぜひ短髪にしてみてください。